課題から調べる

こんなことで
お困りではありませんか?

気になる困りごとをクリックしてください。
AP-Visionによる解決策が表示されます。

商品・在庫管理について

AP-Visionならば

商品コードにサブコードを組み合わせることで、品番が同じ商品でもSKUを区分けして管理ができます。

AP-Visionならば

セグメント設定を行うことでブランド別アイテム別
など、各セグメントで集計管理ができます。

AP-Visionならば

商品マスターに自社品と他社品の設定が可能で、
他社品は商品入荷仕入時には仕入計上されず、売上時に自動仕入計上されます。

AP-Visionならば

単位機能により
1商品に最大3取引単位の設定ができ、売上・仕入・在庫入力時に品番単位数量の運用が可能です。

AP-Visionならば

在庫不足時に生産工場に対して不足分の補充発注データを自動生成。
在庫を適正に保ち、売上機会の損失を防ぐことが可能です。

AP-Visionならば

委託店やFC店とデータ連携(店頭売上・返品戻し)
することで、売上計上済の買取先在庫管理も行うことが
できます。

AP-Visionならば

倉庫内在庫をフリー在庫と確保在庫(理論的に店舗別に
在庫を分ける)の管理運用ができます。出荷指図先が
確保対象店舗の場合は優先的に確保在庫に在庫引当を
行い、不足があればフリー在庫に在庫引当します。
在庫が一元化されることで在庫効率が上がります。

AP-Visionならば

実棚数と帳簿在庫数の差数を棚卸減耗損とせず
調整在庫場所に記録しておけます。
毎月や四半期、半期
ごとに調整在庫数を損金処理すると手間が省けます。

AP-Visionならば

商品プライスラインにより、
単品管理商品と部門管理商品の棲み分けが可能です。

AP-Visionならば

JANコード、仕入先品番から自社品番への変換機能に
より、任意の品番で入力できます。仕入先品番で発注
して自社品番での商品管理が可能です。

AP-Visionならば

別々に仕入処理を行った構成品を販売・在庫は
セット品として商品管理することができます。

AP-Visionならば

商品コードにサブコードを組み合わせることで、
品番が同じ商品でも区分けして管理ができます。

AP-Visionならば

リアル店舗在庫情報をAPI連携し、
ECサイト上に店舗在庫を表示可能。
在庫確認もしやすく機会を逃しません。

AP-Visionならば

受注入力時、倉庫に在庫が存在した場合は自動で在庫
引当を行い、出荷指図情報を生成します。

AP-Visionならば

積送在庫管理の機能により、移動中の在庫の可視化が
できます。

AP-Visionならば

返品処理にて返品総数と内不良品数の入力が可能で、
返品処理と同時に在庫は良品在庫数と不良品在庫数と
して更新されます。

AP-Visionならば

在庫管理を行わない商品に対しては、
POSからの
売上データを元に仕入計上を
行い、在庫管理を行わない消化対応処理が
可能です。

受発注業務について

AP-Visionならば

受注入力と同時に発注入力ができるので
煩わしさが
ありません。

AP-Visionならば

フリー在庫に発注残を加えた販売可能数を
受注入力時にすぐに確認できます。
さらに入荷予定数と
出荷予定数から日別在庫予定数も照会できるので、
精度の高い受発注の調整や決断ができます。

AP-Visionならば

商品ごとに発注単位を設定可能です。
バラ発注やロット外の誤発注を防止できます。

AP-Visionならば

発注データに対し入荷前事前配分処理ができるため、
入荷後すぐに出荷指図書が出力でき出荷作業が可能
です。また、分納処理も可能なので先に完成した商品と
2回に分けて納品してもらうこともできます。
販売チャンスを逃しません。

AP-Visionならば

仮発注機能で定期生産分の総数を生産工場に伝え、
商品が不足しないよう管理することができます。
必要時に発注入力することで引き取り指示をすることが
でき、引取残数の管理も可能です。

売上・仕入計上について

AP-Visionならば

出荷先ごとに売上計上基準を登録ができるので必要に
応じて着荷/検収基準に移行できます。

AP-Visionならば

消化仕入対象商品の売上計上があると
同時に仕入れ計上も行うので仕入入力の作業は不要で、
入力漏れも発生しません。

請求・支払業務について

AP-Visionならば

部門別売掛管理とは別に請求先口座集約機能により、
請求先ごとにまとめた請求書の作成ができます。

AP-Visionならば

伝発名人*(印刷ソリューション)と標準連携している
ので、得意先ごとの専用伝票や専用請求書の印刷対応
にも安心です。 
*ユーザックシステム社アプリケーション

AP-Visionならば

売上口座部とは別に請求先口座への集約機能により、
請求先ごとに売上をまとめた請求書の作成ができます。

AP-Visionならば

自社の売掛情報を得意先の伝票と同じ形式で
集約できるので、支払明細情報をデータ連携することに
より自動消込ができるようになります。

他システムとの連携について

AP-Visionならば

仕入先とのEDI連携環境が容易に構築でき、発注処理の
省力化が可能です。

AP-Visionならば

EDI連携機能により、
発注・検品/仕入・請求/支払などの
データ連携が容易にできます。
業務の効率化やミスの防止に効果的です。

AP-Visionならば

ECサイトとの連携により、自社EC店やECモール店、
直営店など1パッケージですべて一元管理できるので
店舗ごとの分析や比較などが効率的にできます。

AP-Visionならば

WEB-EDIとRPAツールと連動して、EDI連携機能により
変換・在庫引当・出荷指図書作成まで自動で行えます。

AP-Visionならば

商品情報系システムとのデータ連携が容易に可能で、
一度の登録で両システムへ登録されます。
入力の負荷軽減とミスの防止に効果的です。

MD・経営管理について

AP-Visionならば

商品属性等で抽出し、率または評価減単価で
スムーズな評価替が可能です。
評価替の試算結果
(セクション、商品属性別、セクション、品番別)の
出力や過去の評価替結果の確認もでき、洗替法、切放法対応が可能です。

AP-Visionならば

店舗別商品別消化率から
全店比較を行い、
消化率にバラつきが多く店間移動をすると販売が
見込める商品を自動的に抽出できます。
さらに店間移動操作画面に効果的な移動元店舗、移動先店舗を展開して
表示します。

AP-Visionならば

社内的に営業原価を商品ごとに設定することもできる
ので、営業部門には会社全体の粗利ではなく営業管理用の販売粗利で利益管理をしてもらうこともできます。
(営業原価を実際原価より低下に設定)

AP-Visionならば

発注処理には承認機能を付けることができます。
管理者の承認を得て発注という仕組みになるので、
発注の把握や管理が可能です。

AP-Visionならば

店舗別商品別消化率から
全店比較を行い、
消化率にバラつきが少なく店間移動しても販売が
見込めない商品を自動的に抽出できます。
効果の高い
セール対象商品を店舗ごとではなく、総合的に決める
ことができます。

AP-Visionならば

社内的に営業原価を商品ごとに設定することもできる
ので、営業部門には会社全体の粗利ではなく営業管理用
の販売粗利で利益管理をしてもらうこともできます。

AP-Visionならば

在庫管理部門を店舗に設定すると
店舗別在庫が
計算でき、店舗別売上総利益が算出できます。

海外取引について

AP-Visionならば

外貨での発注・売上・仕入計上が可能で、システム内の
為替レートを使い円換算して売上・仕入管理できます。
(社内レート・実レートでの運用可能)

AP-Visionならば

輸入契約機能・決済機能により、外貨発注・仕入、
諸掛金額の商品原価への配賦が可能です。
スムーズな
輸入業務と適正な原価管理が実現できます。

その他システムの機能について

AP-Visionならば

軽減税率対応標準装備なので安心です。
売上/仕入伝票、売掛/買掛元帳、請求書、支払案内書
への税率別表示などに標準対応しています。

AP-Visionならば

消耗品の発注/購買処理もできます。
在庫対象とするかしないかの選択も可能です。

AP-Visionならば

自動補充機能に加え、店舗端末より本部に対して
補充依頼を行うことが可能です。
スムーズな在庫補充の
実現により、機会損失を防ぎます。

AP-Visionならば

会計システムの勘定科目と仕訳パターンを事前に登録
しておけば、自動的に仕訳データを作成します。
売上、仕入、入金、出金、在庫情報の仕訳をして
データを入力する必要がなく、業務を効率化できます。

AP-Visionならば

入力画面機能は2パターン(伝票行入力・マトリックス
入力)用意されており、発注、出荷指図、売上、棚卸など
業務シーンに合わせて、伝票行入力運用かマトリックス
運用かを容易に切り替えられます。

AP-Visionならば

子会社やグループ会社など、複数法人オプションを
選択いただくことで1サーバライセンスで管理、運用が
できます。

AP-Visionならば

総平均(日次・月次・期間)、リアル移動平均、
最終仕入などの複数の原価法に対応。品番分類区分に
より、商品は総平均、資材は最終仕入など品番ごとに
原価法を分けた管理もできます。

AP-Visionならば

店舗での補充依頼機能に出荷単位制御を設定する
ことで、適正なロット単位でのみ依頼可能にできます。

AP-Visionならば

得意先とは別に納品先登録運用が可能で、出荷指図時に
納品先の指定が可能です。

AP-Visionならば

商品の取引形態を出荷先ごとに設定し、
同一建屋での
消化、買取取引が可能です。

AP-Visionならば

1システムで卸売システムと小売システムの運用が
可能です。
また、複数法人オプションを選択いただくことで
1サーバライセンスで複数社の管理、運用ができます。

AP-Visionならば

1つのパッケージで小売と卸売の両業態を業務運用
できます。例えば出荷指図では、小売(直営店)向け
指図も卸売向け指図も同じ機能で行うことができます。