AP-Visionに適した業界・業種
楽器

楽器業界のお客様に
AP-Visionをおすすめする理由

買取品・委託品・中古仕入品も
同一品番で区分け管理

商品コードにサブコードを組み合わせることで、品番が同じ商品でもSKUを区分けして管理ができます。

品番変換機能で仕入先ごとの
品番対応が可能

JANコード、仕入先品番から自社品番の変換機能により、任意の品番で入力することができます。
仕入先品番で発注して自社品番での商品管理が可能です。

小売と卸売、両業態を
1つのシステムで運用可能

AP-Visionは、1つのパッケージで小売と卸売の両業態を業務運用できます。
例えば出荷指図では、小売(直営店)向け指図も卸売向け指図も同じ機能で行うことができます。

こんなことに
お困りではありませんか

気になる困りごとをクリックしてください。
AP-Visionによる解決策が表示されます。

AP-Visionならば

委託店やFC店とデータ連携(店頭売上・返品戻し)
することで、売上計上済の買取先在庫管理も行うことが
できます。

AP-Visionならば

積送在庫管理の機能により、移動中の在庫の可視化が
できます。

AP-Visionならば

部門別売掛管理とは別に請求先口座集約機能により、
請求先ごとにまとめた請求書の作成ができます。

AP-Visionならば

商品属性等で抽出し、率または評価減単価で
スムーズな評価替が可能です。
評価替の試算結果
(セクション、商品属性別、セクション、品番別)の
出力や過去の評価替結果の確認もでき、洗替法、切放法対応が可能です。

AP-Visionならば

外貨での発注・売上・仕入計上が可能で、システム内の
為替レートを使い円換算して売上・仕入管理できます。
(社内レート・実レートでの運用可能)

AP-Visionならば

実棚数と帳簿在庫数の差数を棚卸減耗損とせず
調整在庫場所に記録しておけます。
毎月や四半期、半期
ごとに調整在庫数を損金処理すると手間が省けます。

AP-Visionならば

在庫管理部門を店舗に設定すると
店舗別在庫が
計算でき、店舗別売上総利益が算出できます。

こんな便利な使い方も!

複数法人で運用可能

子会社やグループ会社など、複数法人オプションを選択いただくことで
1サーバライセンスで管理、運用ができます。

EC店とリアル店舗の一元管理

ECサイトとの連携により、自社EC店やECモール店、直営店など1パッケージで
すべて一元管理できるので店舗ごとの分析や比較などが効率的にできます。

導入に適している
業界・業種をもっと見る

※その他にも
さまざまな業種に
対応しております。
 弊社担当までご相談ください。